あたまの病気

頭痛・めまい

『頭痛』や『めまい』の多くは脳が原因ではなく、筋緊張性頭痛(肩こりの強いもの)や耳性めまい(三半規管の一過性機能異常)が原因になっている事が多いと言われています。
しかしながら中には脳卒中や脳腫瘍、血管の異常といった脳の病気が原因となっている事があり、早急に適切な診断や治療を行うことが重要です。診察とMRI検査で診断していきます。

画像:頭痛・めまい

物忘れ

MCI(軽度認知障害)という認知症の前段階があることが近年話題です。
この段階で発見できれば生活習慣の見直しをすることで認知症への移行を防いだり遅らせたりすることができると言われています。認知機能障害の中には手術で回復可能な疾患もあります。認知症評価の検査やMRI画像で診断します。

画像:物忘れ

頭部打撲

頭蓋骨の内部に出血した場合が問題になります。多くの場合、出血は24時間以内におこります。CT検査が有効です※1
60歳以上の方では頭蓋内に血がゆっくり貯留し、頭をうってから1~2か月後に異常※2がでてくることがあります。
『慢性硬膜下血腫』という病気で外科手術での治療が必要になることもあります。

※1 幼児~小児では放射線被爆が脳の成長に影響を及ぼす可能性があるので、CT検査は状態次第で検討します。

※2 頭痛、物忘れ、異常や行動/発言、歩行障害、尿失禁など

脳卒中
(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)

『脳梗塞』や『脳出血』では片方の手足の運動麻痺・しびれ、呂律がまわりにくいといった症状が代表的です。
『くも膜下出血』は「バットで殴られたような」と形容される“強い頭痛”で発症します。
いずれも突然起こります。命にかかわったり、日常生活に影響を残すような後遺症になることも多く、早期診断・早期治療が非常に大切です。

かわそえクリニック

〒880-0824 宮崎市大島町原ノ前1445-65

0985-78-3077

受付時間
8:15~12:00
13:45~17:30

休診日土曜、日曜、祝日

診療時間:午前 8:30 ~ 12:30
午後 14:00 ~ 18:00

診療予定

画像:カレンダーイメージ
画像:カレンダーイメージ