首や腰の病気

首や腰の病気

『運動神経』は脳→脊髄→全身、『感覚神経』は全身→脊髄→脳のように神経でつながっています。
このため手足の動きにくさ、痺れ、痛みなどは脊髄からの症状でも起こってきます。脳の症状と異なり両側性にみられることが多いです。

中高年以上では「変形性頚椎症」「椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」などが代表的な疾患です。診察とMRI/CT検査にて診断します。

学童期のスポーツ活動による腰痛の多くは「脊椎分離症」や「腰椎椎間板ヘルニア」です。
特に「腰椎分離症」は早期であれば一定期間のスポーツの中止とコルセット固定などで治癒が期待できます。早期診断にはMRI検査が有用です。

代表的な症状

「手先・足先がしびれる」「ものをよく落とす」「箸が使いにくい」「シャツのボタンがとめにくい」「ペットボトルが開けづらくなった」「歩き方が悪くなった」「立ち上がりが遅くなった」「腰が痛い」「坐骨神経痛※1」「間欠性跛行※2」などです。

※1 坐骨神経痛:お尻から大腿の後ろやふくらはぎにかけての強い痛みです。腰椎椎間板ヘルニアなど腰の病気に特徴的な症状です。

※2 間欠性跛行:長い距離が歩けず途中で休憩を要するようになる症状です。

画像:手足のしびれ

手足のしびれ

画像:物(箸)をおとす

物(箸)をおとす

画像:腰痛

腰痛

画像:坐骨神経痛

坐骨神経痛

画像:つまづきやすい

つまづきやすい

画像:間欠性跛行

間欠性跛行

かわそえクリニック

〒880-0824 宮崎市大島町原ノ前1445-65

0985-78-3077

受付時間
8:15~12:00
13:45~17:30

休診日土曜、日曜、祝日

診療時間:午前 8:30 ~ 12:30
午後 14:00 ~ 18:00

診療予定

画像:カレンダーイメージ
画像:カレンダーイメージ