Siteflow image

受診に際して

診療日は変更になることがあります
診療カレンダーにて必ずご確認ください


2222_PiV7BR0

『健康保険証』『お薬手帳』をお持ちください

初診:
・受付順となります 
・原則、予約はお取りできません
  〔予約可能な場合〕
    ・他院から紹介でのMRI撮影
    ・第3土曜午前の予約外来

再診:
・予約可能です
・予約なしでもかまいません (予約の方が優先にはなります)
・定期検査のMRIは予約可能です


御予約はお電話にてお願いいたします


MRI検査にあたっての
注意事項

患者様ご自身の危険防止のためです
ご理解の程どうぞよろしくお願いいたします

img_medical01

MRIは強い磁力を用いて体の内部を断面像として描出する検査法です。検査部位や内容によりますが15~30分程度かかります。強い磁場が発生しているため検査室内に金属を持ち込むことができません。このため以下のような制限や対応が必要になります。

検査を受けることができない方

心臓ペースメーカー

植え込み型除細動器

人工内耳

圧調整可能な脳室シャント

脊髄刺激装置

※ 近年はMRI対応の機種もあります。検査可能かはスタッフにて確認させていただきます。
※ 心臓ペースメーカー/植え込み型除細動器については、MRI対応機器でも当クリニックでの検査はできません。

以下の体内金属がある方では「治療をうけた時期」や「材質」により
検査を受けられないことがあります

『脳動脈瘤クリップ』、『心臓の冠動脈ステント』、『人工関節』、『消化管内視鏡ポリープ切除後のクリップ(3カ月以内に処置をうけられた方)』、『下大静脈フィルター』 など
※ 治療をされた病院からの情報があれば受診時にお持ちください。

持ち物、服装などについて

金属のついてない衣服のみ着用での検査となります。
所持品は鍵付きロッカーで保管、鍵も患者様自身にて管理して頂きますのでご安心ください。

キャッシュカード、クレジットカード、時計、携帯電話、補聴器などはMRI室に持ち込むと使用不能となります。確認は致しますが、持ち込まれて使用できなくなっても当院での責任は負いかねますのであらかじめご了承ください。
下着
金属部位が熱くなりヤケドを起こす可能性があるため、事前にはずしていただくことがあります。お持ちであれば、あらかじめ金属のない下着をご着用ください。
防寒着衣
ヒートテック®に代表されるような発熱作用のある機能性肌着も検査中に高温となる可能性があります。
化粧
アイメイク(アイシャドー、マスカラ)などには金属成分がふくまれるものがあります。まぶたが熱くなることがあるので検査の際にはメイクを落としていただくことがあります。
増毛パウダー
画質低下につながるほか、機器不良の原因となります。使用されている場合は洗髪して頂きます。
カラーコンタクト
金属成分を含んでいることが多いためはずしていただきます。コンタクトレンズをはずせる準備をして来院されるか、眼鏡でおこしください。
ヘアピン
ヘアピンや金属製の髪留めもはずしていただく必要があります。
タトゥー、入れ墨
顔料に含まれる金属成分にて熱くなったり変色する可能性があります。近年の顔料ではこのような事はないようですが、使用されている顔料がどういったものかわからない以上、その可能性について十分理解された上で検査を受けられるようお願いいたします。
湿布、貼付剤
熱を持つ可能性があり、これらもはずして頂きます

その他

閉所恐怖症の方
MRIは狭いトンネルに横になっていただき検査を行うため、閉所恐怖症の方が苦手とするケースが少なくありません。当クリニックのMRIトンネル径は従来のものよりは広く圧迫感が少ないため、
閉所恐怖症の方でも検査可能な方が多い印象です。検査が困難な場合は鎮静薬の投与なども行います。
※鎮静薬をご希望の方は送迎・タクシー・公共交通機関での受診をお願いしております。(帰りの運転で事故のリスクがあるため)

妊娠の可能性がある方
「妊娠初期」にMRIを受けても「胎児に影響はなかった」とする論文が2016年に発表されています。しかし影響が“まったくない”とはいいきれませんので、必要性を考慮し検査を行うかどうかを御相談のうえ決めます。