Siteflow image

生活習慣病

img_lifestyle01

高血圧、高コレステロール血症、糖尿病のことを言います。
普段、自覚症状はほとんどありませんが、この状態が長くつづくと動脈硬化がすすみ脳の血管が痛んできます。ある時、血管が詰まったり(脳梗塞)、血管が破れたり(脳出血)して脳がダメージを受けます。脳卒中は60歳以上の方に多いですが、若いからといって高血圧を放置しておくと40~50歳代でも脳出血をおこすことがあります。脳卒中にならないため(一次予防)、脳卒中の再発防止(二次予防)のいずれにおいても生活習慣病のコントロールは非常に重要です。
(※ 糖尿病については必要に応じ専門医に紹介します。)